Linux万年初心者の憂鬱


by out_of_phase

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
日記、かな・・・
Ubuntu
IS01の愚痴w
E30HTの愚痴w
安藤ロイドさん
moblinの愚痴w
ひとりごと
とりあえずツッこんでみる
チャロ助成長記

最新のトラックバック

駅そば@JR栃木駅
from 掬ってみれば無数の刹那
明日は土用丑の日
from 掬ってみれば無数の刹那
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
とんだ深夜放送
from muse-9
ハイブリッド車試乗会@小海線
from 掬ってみれば無数の刹那
えらい数のブログが中止に..
from 多事論争
アップル iPod n..
from 今、話題のキーワード
ǤŷƲ ds
from ǤŷƲ ds
iPod nano
from 虎ノ門OLのボヤキ。
最後?の鈴鹿サーキット
from リアルスタイル

お気に入りブログ

八重山病?な日々
掬ってみれば無数の刹那

ニュースとか

以前の記事

2014年 01月
2013年 07月
2013年 05月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:Ubuntu( 41 )

なんだ、新ネタって、これかよ・・・

MacBook Air(2011Mid)をUbuntu11.10で起動してみました。
c0031032_153413.jpg

とりあえず、外付けのUSBメモリ(実はmicroSDHC)からの起動です。

画像ではわかりにくいですが、ちゃんとキーボード・バックライトも点きます。

使い勝手は悪くなりますが、RAMの使用量が1/3で済みます。しかもno swapなので高価な内蔵SSDにやさしい仕様ですw
[PR]
by out_of_phase | 2011-12-09 14:55 | Ubuntu

とりあえず、Ubuntu

ホームセンターみたいな名前の、11.10のUIですが、だいぶ慣れてきましたw


とりあえず、デフォルトでは何かウィンドウが開いて重なったときに隠れる設定になっているランチャーを、カーソルを左端へ持っていったときにだけ出てくるように変更しました。
これだけで、見た目がホームセンターっぽい名前のUIっぽくなくなり、ちょっとハッピーです(笑)

あと、「Synapse」とかいう、キーボードで文字を入力してアプリやらファイルを開く、Macでいうところの「QuickSilver」みたいなランチャーを入れました。
これにより、あのホームセンターっぽい名前のヤツの世話にならなくても、アプリを起動することができるようになりました。
ただ、何もアプリが開いてない状態では、なぜか「Synapse」が起動しないので、このあたりを調査&改善しないといけません。




そんなにホームセンターみたいな名前のUIがイヤなら、デスクトップマネージャをLXDEとかにすればいいのに、と思ったりもするんですが・・・

一応、LXDEとかOpenboxは試してみました。
サクサク感はいい感じになるんですが、なんとなくしっくりこないんですよね・・・




まあ、もうちょっとホームセンターみたいな名前のヤツを試してみます。
[PR]
by out_of_phase | 2011-11-08 15:22 | Ubuntu

おかえり、Ubuntu

そのあまりの遅さに、アップグレードを見送っていたUbuntu11.10ですが。




古いPCでもそれなりにサクサク動き、Gnomeが使えるディストリがないかな~と探していたんですが、やっぱりLinux Mint Debian Edition(LMDE)を入れてみようかな、と。
Linux Mintは、もともとUbuntu派生のディストリで、今後Debianベースになるということで。UbuntuもDebianベースなので、いわば「先祖返り」するわけで、ネットで調べてみると、なかなか評判がいい。
実はここ数ヶ月、UbuntuベースのLinux Mint 11を使っていて、結構気に入っていたので、今後のことも考えて、LMDEを入れてみることにしました。



ダメです・・・


まあ、ある程度、自分で環境を整えなければならないのは、Linuxを使う上での「楽しみ」でもあるので、なにやら追加でインストールして日本語環境を整えたり、多少の不具合みたいなものは許容できるんですが、OSインストール後のアップデートに4時間くらい掛かるのと、アップデート後に起動不能になるのは許せない。

昨日、「OSインストール(10分)→アップデート(約4時間)→起動不能」というサイクルを2回繰り返し、もういいや・・・って感じになってしまいました。

多分、ハードディスクのフォーマットの問題で、Ext4かなんかでフォーマットすれば、アップデート後もちゃんと起動するとは思いますが、もう一度、4時間も掛けてアップデートする気にはなりませんね・・・

他にも、インストールしたアプリのアイコンがメニューに出て来ないなど、いろいろと問題点があり、やっぱりUbuntuって、よくできてるなぁと思いました。




起動しないOSより、動きが遅くてもちゃんと起動するOSの方がいい!というわけで、試しにって感じではありますが、Ubuntu11.10をインストールしました。


ヨイっす!

USB-SSDにインストール&起動したときは、なんだかもっさりしていたんですが、内蔵HDDにインストールしてみたら、割とサクっと動きます。
ホームセンターみたいな名前のUIや、その他変更された点が多々あるので、慣れるまで時間が掛かりそうですが、なんとかなりそうな気がしてきました。

しばらく、このまま使ってみようと思います。
[PR]
by out_of_phase | 2011-11-02 18:04 | Ubuntu

さよならUbuntu?

先日リリースされたUbuntu11.10、USB SSDにインストールして試してみました。




恐ろしく遅い・・・


ハッキリ言って使い物になりません。
クソUnityの所為なのかどうかはわかりませんが、お話になりません。

遅いだけでなく、使い勝手も非常に悪し。

現状では、Ubuntuを使う意味が全くない状態です。




さて、どうしたものか・・・
[PR]
by out_of_phase | 2011-10-21 00:04 | Ubuntu

出戻る

 昨日書いたとおり、C101にMeegoをインストールしてみました。




 インストール自体はあっさりと終了。が、予想通りタッチパッドと無線LANは動きません。


 グーグルさんに助けてもらい、タッチパッドはすぐに使えるようになったんですが、問題は無線LANのドライバ。ソースコードを入手して、自分でmakeしなければなりません。


 まあ、moblinとそんなに変わっていないだろうから、なんとかなるだろうと思っていたんですが、甘かった・・・




 moblinと同じように、Makefileの最初の方に書いてあるパスを変えてやったんですが、コンパイルが始まってすぐにエラーが出てしまう。
 いろいろと調べてみたんですが、情報なし。

 こうなってしまうと、ボクのような万年初心者にはどうにもならない。


 moblinから受け継がれた「爆速起動」は気持ちイイけど、ネットブックなのに有線LANしか繋がらないなんて、ありえない・・・


 というわけで、インストールと同じくらいあっさりと削除決定www




 まあ、ユーザー会で質問したりして、もっと頑張れば動くようになるかもしれないけど、いろんな意味で、Ubuntuの方が「成熟」していて使い易いし、正直、起動の速さ以外に、今のところ魅力がないんですよね・・・








 んなわけで、C101はUbuntuを再インストール中。今回はnetbook-editionにしてみました。
[PR]
by out_of_phase | 2011-02-24 10:43 | Ubuntu

ワインわいぃん

 Ubuntuを使い始めたのは8.10からですから、2年経ちました。たまに妙なことになることもありますが、無料で使えるということを考えると、許せる範囲、だと思います。


 Ubuntuで困ることは、ほとんどありませんが、世の中にはまだまだマイクロソ・ウィルスが蔓延していて、「新しいハイスペック・マシンを買わせるための無駄に重いOS」に対して何の疑問も抱かない病や、Officeといえば高価なExcelやWordしかないと思っていて、それでしか開かないファイル形式で保存されたファイルを送り付けてきたり、それでしか開かないファイル形式でファイルを作れと強要する金満病、サポートなんてめんどくさいから窓にだけ対応しておけばいいや。でも一応、林檎にも対応しておくか、あ〜めんどくさいなぁ〜病、などにかかった役所や企業、人がいっぱいいるので、マイノリティなUbuntuユーザーだから受けられないサービスがあることは事実です。




 auも、そういう企業のひとつ。Ubuntuからでは「お客さまサポートページ」を見ることができません。
c0031032_1434048.jpg

 では、最近のauイチオシのandroidケータイ(androidはLinuxベース)からなら、「お客さまサポートページ」を見ることができるのか?というと、一応ログインはできて、トップページあたりは見られるんですが、肝心な詳細のページに入っていくと見られなくなってしまいます。
 ezwebには専用のページがあり、ちゃんと使えることを考えると、「android-au」などと宣伝しながら、サポートページがきちんとandroidに対応できていないという、「契約させちまえばこっちのもんだ。あとのサポートなんて知らないね〜」というKDDIの体質が見えてきます。

 それとも、IS01から見られないだけなのかな? どんな理由があるにせよ、OSのアップデートを発売後たった5ヶ月で放棄しただけでなく、「サポートページ」でのサポートも打ち切りにし、「au初のandroidケータイ」として売り出したIS01を、完全に抹殺、なかったものにしようというのか?

 どっちにしても、ヒドイ会社だな・・・
 あの何処もの「My docomo」でさえ、Ubuntuで見ることができ、料金の明細や契約内容の変更ができるのに。(そういう意味でも、何処もにMNPして正解だったかもw)




 実は、こんなときに役に立つ(かもしれない)アプリが、Ubuntu(というかLinux)にはあって。

 「Wine」です。エミュレータではないらしいんですが、Wineを使うと、窓用のアプリがUbuntu上で動かせます。もちろん、動かないアプリも多々あるので「万能」ではないですが。


 というわけで、なんで今まで思いつかなかったんだろう?と思いつつ、窓用のFireFoxをダウンロードし、Wineでインストール。窓用FireFoxを起動して・・・
c0031032_14505025.jpg

既存顧客無視な会社の「お客さまサポートページ」へログインっと・・・
c0031032_14525146.jpg

 おバカな会社のおバカなサイトはあっさりと騙され、見事ログイン成功!Ubuntuサイコー!!




 そういえば、確定申告の書類を作るサイトがLinuxに対応してないので(でも作れるっぽいけど)、今年は、この方法でやってみよう。
[PR]
by out_of_phase | 2011-02-07 15:20 | Ubuntu

10.10のi8xx問題

 チップセットがi855な710m。Ubuntu 10.04は、インストールすらままならない状態だったんですが、10.10は問題なくインストールできました。

 しかし、インストールはできたものの、「視覚効果」がONにできず、Compiz(窓のエアロみたいなやつ?)が使えなかったり、たまにディスプレイがブラックアウトしたりして、イマイチな状態でした。


 なんの問題もなくインストールできただけで満足していた部分もあり、そのまま放置していたんですが、Compizが使えないはともかく、時々ブラックアウトするのは鬱陶しいし、保存が必要な作業をしているときに画面が暗くなるのはドキッとして心臓によくないwので、ちょいと調べたところ・・・




 どうやら、10.10では、xorg.confでインテルのドライバを使うように設定してやればいいようです。


 いつの頃からか(9からだったかな?)、xorg.confはデフォでは存在しなくなったので、

Section "Device"
Identifier "Configured Video Device"
Driver "intel"
EndSection

Section "Monitor"
Identifier "Configured Monitor"
EndSection

Section "Screen"
Identifier "Default Screen"
Monitor "Configured Monitor"
Device "Configured Video Device"
EndSection

と書いたテキストファイルを/etc/X11/xorg.confとして保存すればよし、だそうです。




 3時間ほど前にやってみたんですが、いまのところブラックアウトしてません。「視覚効果」も「通常」でONにでき、Compizも使えるようになりました。
c0031032_1318456.jpg

 ↑の画像はCompizの「リング・スイッチャー」で、開いているウィンドウをリング状に展開したときの画像です。たくさんのウィンドウを開いて作業している時などにとても便利です。

 Ubuntuなら、Vistaとか7とかいうクソOSが動かない古いパソコンでも、こんなことができちゃうんですよ〜w
[PR]
by out_of_phase | 2011-01-25 13:26 | Ubuntu

バンザイ!

 年末年始に帰省したとき、ボクの実家でVistaを、カミさんの実家で7を触ったけど・・・




 ヒドイね、あれ・・・

 どちらのパソコンも、ウチにあるどのパソコンよりもハイスペック(CORE i5とか)なのに、もっさぁ〜としていて。ぶっちゃけ、Ubuntu10.10のAtom N270 1.6GHzの方が、起動も速いしサクサク動いてる(気がするw)。


 いい加減「新しいパソコンを売るために重いクソOSをつくる」というか「重いクソOSを動かすために新しいハイスペックなパソコンが必要」みたいな、ユーザーにとって「負」でしかない連鎖を止めないと、発展を止めることになりかねない。




 Dellあたりから、Ubuntu搭載のタブレットが発売されないかなぁ。
 タブなら〜(ダブではないw)知らないOSでも抵抗感が少ないだろうし、昨今のAndroid人気を考えると、そこからUbuntuがバァ〜っと広まることも考えられる。認知度が上がれば、パソコンもUbuntuにしてみようかな〜なんて考える人も増えてくるだろうし。


 今年が「Ubuntu元年」みたくなったら面白い。そうなった時に備えて、「Ubuntuパソコン教室」の先生ができるよう、もっと勉強しておこう(笑)

(ふぅ、なんとかオチが付けられたw)
[PR]
by out_of_phase | 2011-01-21 16:31 | Ubuntu

UbuntuでYAMAHA Studio Managerを起動

 さっきのエントリーで、Wineを使って「Studio Manager」を起動する、と書いたんですが、起動した画像がないと信用してもらえないかな~と思って(笑)

c0031032_18201735.jpg


 ほら、ちゃんと起動してるでしょ(笑) 決してハメこみ画像ではありません。まあ、この程度の画像をハメこむのは簡単なんですけど・・・ 画像をクリックすると別ウィンドウで拡大するので、右端に映っているconkeyの「Highest MEM」の欄に注目。2番めが「SM2.exe」になってますよ~w




 ところで、去年試したときは、ミキサーとパソコン(Ubuntu)がオンラインにならなかったんですが、今日ちょっと試したところ、なんとなく繋がりそうな動きが(笑) まあ、ミキサーが手元にないので、これ以上は検証できないのが残念。後日、実習の合間にでも検証してみますか・・・
[PR]
by out_of_phase | 2010-08-06 18:38 | Ubuntu

またconkyネタでごめんなさい

 conkyだけに、根気がいります・・・^^;




 10.04を入れたけど、なんだか遅くて使えない感のあった自作デスクトップ機。ウィンドウマネージャを、GNOME + Nautilusより軽くて速い(筈の)「lubuntu-desktop」に変えてみたけど、イマイチ速くならなくて・・・

 conkyで見ると、CPUは超余裕で、おそらくボトルネックは、メモリーだろうと思われたんですが、ディスクアクセスが凄くて、もしかしたらHDDの転送速度か?なんて思っていたんですが。

 conkyでディスクアクセスも見られたらいいなぁ、というわけで、conkyrcを作ってみようと。


 デスクトップ用に、さっきの状態よりディスクアクセス部分を強化してみました。
c0031032_2112932.jpg

 Wi-Fiを追加したのは、無線LANがよく落ちるから^^;




 と、ここまでやりつつ、以前、BIOSでビデオ用メモリーを多く設定した記憶が蘇り・・・


 確認してみると、64MBになっていたので、32MBに変更したところ、トータルのメモリーが増えたことによりswapが極端に減り、いままでの遅さがウソのように・・・(増えたメモリーは数十MBなんですけどねぇ・・・)





 やっぱり、メモリーを増やすか、それがダメならメモリーの消費量を抑えるのがポイントのようです。
[PR]
by out_of_phase | 2010-05-21 02:26 | Ubuntu